本日のお昼にウーマンエキサイトさんに寄稿した「令和ママ」は子育てOPEN主義!についての記事を告知致しましたが、本記事はそちらの番外編のような内容です。

↓よろしければ先にご覧下さい!

IMG_1819

■父の「令和ママ川柳」

私が「OPEN子育て主義!」の話を家族にしたところ、父も「令和ママ川柳」を一句詠んでくれました。

IMG_1817

「家事育児 家族みんなで お母さん」…!!

父は父であり母だった…!!?そんな衝撃の一句です。


■父の共働き子育て時代

まだ「イクメン」という言葉の登場以前。
共働きで子育てをしていた頃の父は…

IMG_1816

素でイクメンでした。

娘達が父の寝かしつけOKになったら、これまた率先して寝かしつけていたそうです。

第三子である私が生まれたのを機に母が専業主婦になったため、その後の家事育児は母がメインになっていたようですが、現在も休日にテキパキ家事をこなす父を見ていると当時も同じようにしていたのではないかと思います。


■天然物イクメンに聞く

「男性が家事育児をやるのが当たり前」という価値観が浸透していない時代に、どうしてそんなに家事育児をしようと思えたのか、以前父に聞いたのですが…

IMG_1818

ということでした(笑)!!あまりにも父!!

令和という新しい時代「母親に家事育児を押し付けない」のはもちろんですが「父親の家事育児の機会を奪わない」のも大切なことではないかと、父を見て思うのでした。